ここでは、睡眠と皮膚の関係について、ご紹介していきます。

睡眠と皮膚は密接に関係しています。
人間は睡眠中に皮膚の新陳代謝を促す「成長ホルモン」が分泌されます。

この成長ホルモンの働きはいろいろあり、
①皮膚細胞の新陳代謝を促進する。
②免疫力を高める。
③疲労を回復させる。
④筋・骨組織を成長させる。
⑤体脂肪を少なくする。
などが、挙げられます。

この成長ホルモンは、入眠後の3〜4時間の間に分泌されると言われ、この時間帯に質の良い睡眠をとることが、お肌にとってとても大事です。

また、「免疫力を高める」や「疲労を回復させる」効果がありますので、良質の睡眠をとることは、肌の健康なみならず、心身の健康にもつながっていきます。
アトピーを治すためには、良質の睡眠をとる必要があります。
本サイトでは、睡眠の質を改善するノウハウをいろいろな面から紹介していますので、参考にして頂ければと思います。